【25%OFF】 Two VB-101 Engineering/Torpedo Audio Notes-その他

Chacott × Tripure

【25%OFF】 Two VB-101 Engineering/Torpedo Audio Notes-その他




豊富な入出力を備えたロードボックス機能搭載スピーカー・キャビネット・シミュレーター


このTorpedo VB-101は、ロードボックス機能を搭載したスピーカー・シミュレーターです。
真空管アンプヘッドを使って録音するときでも、スピーカー・キャビネットから音をだして、マイクを立てる必要はありません。

特に本機ではレコーディングに役立つ機能が満載で、XLR入出力端子、デジタル入出力、1度に2種類のサウンドをシミュレート、許容入力150W、A/Dコンバート192kHz等を装備しています。


ロードボックス機能

通常真空管アンプを使用する時は、電源を入れる前に、スピーカー・キャビネットを繋ぐ必要がありますが、ロードボックスを使えば、スピーカーを繋がなくてもアンプを使えます。

本機はロードボックス機能があるので、真空管アンプヘッドでレコーディングする時に、スピーカー・キャビネットから音を出さずにすみます。
許容入力は150Wあるので様々なアンプヘッドを繋げます。


シミュレーション機能

本機ではスピーカー/マイク/パワー・アンプのシミュレーションができます。
1度に2種類のサウンドをシミュレーションでき、それらをミックスできます。
これにより更に音作りの幅が広がります。

■スピーカー・シミュレーション

スピーカー・キャビネットは初期設定では、ギター用22種、ベース用10種のシミュレーションを搭載しています。
更に専用ソフトをパソコンにインストールし、本機とUSBでげば、ダウンロードした新しいキャビネットを追加して使えるようになります。

■マイクシミュレーション

代表的なマイクを8種類シミュレートできます。マイクを選んだら以下のような設定ができます。

・キャビネットからの距離
・スピーカー・ユニットの中心からどのくらいずらすか
・キャビネットの前か後ろか
・位相の関係
・スピーカーの飽和状態

■パワーアンプ・シミュレーション

本機にはパワーアンプのシミュレーションが8種類あります。
プリアンプを使う場合でも、パワーアンプを使ったような迫力のあるサウンドにできます。


リ・マイキングも簡単

このVB-101にはプリ・シミュレーション・ライン出力端子を装備しています。
デジタル出力の場合はパラメーターの設定により、プリ・シミュレーション信号を出力できます。
これらの機能を使って、一旦シミュレーションしていないドライ音を録音すれば、後でマイキングだけを、何度でも納得いくまで試すことができます。


レコーディングに役立つ豊富な入出力

レコーディングに役立つ多くの入出力端子を装備しています。
ワードクロック入力、MIDI IN/OUT/THRU、USB、S/PDIF 入力/出力、AES/EBU入力/出力、アナログ・ライン出力、プリ・シミュレーション・ライン出力端子、アナログ・ライン入力、スピーカー出力、アンプ入力、ヘッドホン等


エフェクト

エフェクトは、ローカット、5バンドEQ、エキサイター、コンップレッサー、スペイシャルを搭載しています。

スペック

■スピーカー入力
・端子: 6.35mm (1/4”) アンバランス (TS, Tip/Sleeve)
・最大入力電圧:50 Volts AC (36 dBu)
・セキュリティ・ロード:160 Ω / 10 Watts

■アナログ入力
・端子:XLR バランス/アンバランス(リレースイッチ)
・最大入力レベル:14 dBu
・入力インピーダンス:10 K Ω

■ロードボックス
・リアクティブ・ロード、インピーダンス:8 Ω
・最大許容電力:150 Watts(適切な換気を想定)
・冷却ファン装備
・ハイ・インピーダンス・モード:キャビネットをTHRU 端子に繋いだ時(ロードボックス不使用時)

■スピーカースルー
・端子:6.35mm (1/4”) アンバランス (TS)

■シミュレーション前出力
・XLR バランス
・インピーダンス: 100 Ω
( ロード無し、バランス): 8.1 dBu
( 10 k Ωロード、バランス): 8 dBu
( ロード無し、アンバランス):2.1 dBu
( 10 k Ωロード、アンバランス):1.9 dBu
・ノイズ:-98 dBu 以下、20 Hz to 20 kHz

■シミュレーション後出力
・XLR バランス× 2
・インピーダンス:100 Ω
・最大出力レベル:
( ロード無し、バランス):10.7 dBu
( 10 k Ωロード、バランス): 10.5 dBu
( ロード無し、アンバランス):4.7 dBu
( 10 k Ωロード、アンバランス):4.5 dBu

■ヘッドホン出力
・MONO out、端子:6.35mm (1/4”) (TRS)

■S/PDIF
・サンプリングレート:48 KHz or 96 KHz
・マスター又はスレーブ
・ウェット音とドライ音のチャンネルは切替可能

■AES/EBU
・サンプリングレート:48 KHz or 96 KHz
・マスター又はスレーブ
・ウェット音とドライ音のチャンネルは切替可能

■ADC
・デジタルゲイン調整:-95 ~0dB
・フルスケール最小入力レベル:2.7 dBu (Line Input)
・サンプリングレート:192 KHz
・解像度:24 bits
・S/N 比:103 dB

■DAC
・サンプリングレート:96 KHz
・解像度:24 bits
・S/N 比:95 dB

■周波数特性(-1dB)
・20 ~45 kHz

■S/N 比
・>95 dB

■レイテンシー
・Normal latency mode 時:4.8 ms
・Low Latency mode 時:2.875 ms (LineInput からLine Output)

■過温度保護
・冷却ファンで温度を調整
・70°C でディスプレイに警告表示、出力信号をミュート
・85°C でロードボックス機能停止、アンプの出力を160 Ωロードに接続し信号をミュート

■電源
・IEC60320 C14 power connector
・入力電圧:100V AC, 50/60 Hz
・消費電力: 約10 W

■寸法
・幅: 430mm(483mm:ラック耳含む)
・奥行:307mm(355mm:コネクター&ノブ含む)
・高さ:90mm
・重量:7.5 kg


【お詫びとお知らせ】ローライズスパンメッシュタイツ販売価格過誤について (2016年8月4日更新)
Steinberg/UR-RT4【在庫あり】

ジャンル/Genre

【25%OFF】 Two VB-101 Engineering/Torpedo Audio Notes-その他 【25%OFF】 Two VB-101 Engineering/Torpedo Audio Notes-その他

ジャズダンス/ヒップホップ/タップダンス/シアターダンス

化粧品/メイク用品

ダンスキューブ・カフェ [ 勝どき ]

Chacott Web Magazine Dance Cube