最適な価格  チョウ ] ハマグリ型/2寸 [ 釿/ちょうな 阿部次男作 ★-玄能 リコーエレメックス株式会社

リコーエレメックスは技術力で「お客様のNo.1パートナー」を目指しています。







阿部次男作 ハマグリ型ちょうな
2寸(62mm)
大工道具の「生きた化石」ともいわれる釿(ちょうな)。
釿は、まがりが命です!独特の湾曲をした柄に、刃が柄と直角になるように取り付けられています。
柄は主としてエンジュでこしらえます。まっすぐな材を藤づるで縛って曲げ、乾燥させて、独特の曲線をつくります。
一般的に釿は、つるはしのように柄を振り下ろし、その勢いを利用して木材の表面を削り出します。
また、釿は、丸太から角材を削り出すような荒仕事の他、民家の小屋組の大きな梁に取り付く束部分、接合部の切欠きを大きくはつりとる仕事などにも使われていました。
さらに、釿を使うと独特の波状の削り肌を残すことから、名栗面(なぐりめん)という表面の仕上げかたにも使われています。

古墳時代の出土物にも見られる日本最古の大工道具です。


【 仕 様 】
●本体:ハマグリ型
●刃幅:2寸(62mm)
●首上までの全長:約110mm
●柄小口サイズ:22×27mm
●景虎刻印入り

注意:本製品は新品ですが、錆の様なあとがある場合が御座います。
   1点ものです。

ページトップへ